グラチャンバレー

 やっぱりアメリカを強いです。見ていて力の差は歴然としていました。早さの正確さなどどれを取っても日本は上回る事はなかった!今までのスポーツで日本が優位に立ったのは新しい攻撃を考えたり技を磨いたりしたからです。AクイックやBクイックなどか考えだしたのは日本なんです。体操にしても大技を考え誰よりも美し演技する事でメダルを獲得してきたのです。柔道もそうです。日本の家芸を言われて久しいのにメダルが取れなくなってきました。バレーも同じでパワーや動きで劣るのであれば技で勝負するしかないのです。その新しい技が考えられないのならちょっと勝ち目がないかも知れません。パワーと動きで勝る海外の選手に勝つことは非常に難しいでしょう。日本的な考えなら根性と気力で何とかしろって話になるんですけどね。日本は、そうゆう考えかまかり通る国なんです。根性と気力だけで勝てたら苦労はしません。しかし、アイデアを出す事は出来るでしょう。日本人は器用ですから技を磨いて新しい技を使う事が一番いいでしょう。但し、陸上競技のように最初から技といういより瞬発力を必要とする短距離では結果を残すのが難しいのです。黒人の持っている瞬発力にはかなわないです。しかし、リレーのように共同作業であれば効果があります。パワーより器用さで勝負しないと世界では通用しないのです。日本人の勤勉さがあればパワーを補って余りあるものになるでしょう。バレーでも新しい攻撃を考えればいいのですけど段々と考えられなくなっているようです。日本がバレーで日の丸ががる事を願っています。

コメントは停止中です。