原因不明の病気

西アフリカのギニアで謎の病気で死亡者が出ている。ラッサ熱・黄熱・エボラ出血熱に症状が似ているらしいがはっきりとしていない模様。世界中で流行る病気は限られていたが、中国を発信源にして鳥インフルなど新しい病気やウィルスが生まれてきている事がある。アフリカや南米で流行る発熱病は死に至るケースも多く新しい病気ではないかと疑念を頂く感じになります。もし、新しい新種の病気だったら怖いね。私が生まれてから授業で習ってきた病気以外に新しく発病したのは、エイズや鳥インフルでしょうね。衛生面で取り残されている地域で新種の「病原菌」が出てくるようです。中国は、経済大国になったとはいえ衛生面では日本に全く及びません。豚や鳥など家畜を一緒の飼っているので糞尿が混ざり合って新種の病原菌が生まれてくるようです。アフリカも同じで国によって違いはあるけど内戦状態にある国も多数あり、衛生面や食糧難といった問題があって病気になるケースがあります。アフリカの場合だと特に水ですね。汚れた水を飲んでいるので病気になりやすくなってしまいます。日本が綺麗過ぎると言えばそれまでだけど他国を支援して行く事が大切になるでしょう。

コメントは受け付けていません。